So-net無料ブログ作成
検索選択

カップヌードルミュージアムに行ってきました② [体 験]

昨日の続きです。
2枚だけ、安藤百福ヒストリーの写真を撮ってきたてのでそれを。
2013060508.JPG

2013060509.JPG

1枚目のは、日本で一番最初にJASマークをつけて製造年月日を印刷したのはチキンラーメンであるという解説。
2枚目は、私は覚えてないんですけどお湯の出る自販機の解説。
特に2枚目は高速にあったって言われたんですけど、私覚えてないんですよね・・・。
そもそも、高速道路使って出かけるというのが殆どなかったわけですし、利用回数が少なかったから見てなかったのかもしれませんが。

この後、マイカップヌードルを作ってきました(笑)
2013060511.JPG

カップ代300円。
安いのか高いのか、イマイチ微妙なラインですが。
まずカップに模様を描きます。
描き終わったら、麺→スープ→かやく→蓋→外装フィルムの順番でスタッフさんに作ってもらいます。
衛生的な問題も有るので仕方ないですが、ここは全部スタッフ任せ。
こっちはスープとかやくを何にするか言うだけです。
外装フィルムを纏って出てきたカップラーメンを、バルーンに入れて出来上がり。
賞味期限は製造日から1ヶ月ですって。
話のネタですね^^;

この後は、同じ施設内にあるフードコート「麺ロード」でお昼食べてきました。
私はベトナムのフォー
2013060510.JPG

香菜の香りが私にダメージを与えてくれました(苦笑)
美味しいけど香菜は苦手・・・。
ここもまたガラガラ。
殆どが学生だから、ここで食事はしないわけですからね。
仕方ないですけど。

帰りにミュージアムショップでお土産買って帰りました。
2013060512.JPG

2013060513.JPG

まあ何と言うんでしょうか、ここの施設は1度行けばいいな^^;
入場料500円が安いか高いか、意見が分かれそうです。



日清 カップヌードル 77g×20個

日清 カップヌードル 77g×20個

  • 出版社/メーカー: 日清食品
  • メディア: 食品&飲料



カップヌードルをぶっつぶせ!―創業者を激怒させた二代目社長のマーケティング流儀 (中公文庫)

カップヌードルをぶっつぶせ!―創業者を激怒させた二代目社長のマーケティング流儀 (中公文庫)

  • 作者: 安藤 宏基
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2010/11/20
  • メディア: 文庫



カップヌードルミュージアムに行ってきました [体 験]

伸ばし伸ばしで1週間前に行ってきました、カップヌードルミュージアム
いやー、この日は暑かったです。

横浜・桜木町あたりを歩いていると、結構ここのオリジナルカップラーメン持ってる人が多くて、気になっていたんです(笑)
今回は、再就職前の時間があるときに行こうと思っていたので、慌てて行ってきました。

安藤百福
2013060501.JPG

ミュージアムと言っても、特に沢山のものが陳列されてるわけでもなく。
過去に発売したインスタントラーメンやカップラーメンが展示されているのと、安藤百福さんがチキンラーメンを開発した経緯から亡くなるまでのヒストリーがメインでした。
まあ平日に行ったので、ゆっくりは見られましたね。
混んでいるといっても、修学旅行の学生さんが殆どでしたし(あとは中国?からのツアー客とか)

とりあえず、こんなの売ってたんだ~的な商品を写真にとって来ました(笑)
2013060502.JPG

2013060503.JPG

2013060504.JPG

2013060505.JPG

2013060506.JPG

2013060507.JPG

チキンラーメンのチキンナゲットとか知らないんですけど、私^^;
写真チキンラーメンばっかりだし。
ああ、確かにこんなのあったね~みたいなモノとか有って、何となく懐かしい気分にはなりました。
もっとも食べたことないものが全然多いわけですが。
そもそも私はチキンラーメンを、1人前食べたことないです。
弟が食べてるのを横から少し貰うぐらい。
不味いとは思わないけど、特別食べたいとも思ったことが無いから買わないし作らないだけなんですけどね。



日清 チキンラーメン (85g×5P)×6個

日清 チキンラーメン (85g×5P)×6個

  • 出版社/メーカー: 日清食品
  • メディア: 食品&飲料






アンパンマンミュージアムに行ってきました その② [体 験]

前回の続きでーす。
折角なので、お昼に食べた写真を載せようかと。

実はジャムおじさんのパン工場の2階がカフェになってて、そこでお昼を食べました。
1階がパンを売ってるお店、2階がカフェ。
1階でパンを購入して2階で食べることが出来ます。
私たちが行ったときには13時ごろだったので、すこーーーーしだけ空いてた状態です。
それでも混雑してたことには変わりありませんが。

ここでは、ジャムおじさんのバスケット(¥1,000)を注文。
2013012306.jpeg

2013012303.jpeg

2013012305.jpeg

お好きなパン1つに、ポテトサラダとチーズのミニパン、小さなパイ+お好きなドリンクがセットになってます。
1枚目はジャムおじさん、2枚目はシュウマイまん、3枚目はスペシャル・アイスラテですね。
ジャムおじさんはイチゴジャムが入ってました~(私が食べたので確実です)
シュウマイまんには、そのままシュウマイの具が入ってました(笑)
従妹がちょっとくれたんですけど、冷めたシュウマイ食べてるみたいな味。
不味くはないけど、うーん・・・?
ネタとしては面白いかも。
他にどんなパンがあるかは、食べログ見てください。
古いのもありましたけど、大体は同じパンが載ってるので。

この後は、お土産として買い物して帰ってきました。
正直に言うと、高いですね全体的に。
グッズも食べ物も。
子供が喜ぶから~という理由が無ければ、行くことも買うことも無いでしょう。
価格的に言えば、ディズニーと為を張るかも・・・。

ちなみに。
私がパン工場で購入したパンはコチラ。
2013012307.jpeg

会計するときに、店員さんが「おいしくな~れ♪」と言いながら詰めてくれましたw
バイキンマンはブルーベリークリームが中に入ってるらしいので、止めたのでここには居ません。
変わりに、カバオくんを入れてみました(笑)



あんぱんまん (キンダーおはなしえほん傑作選 8)

あんぱんまん (キンダーおはなしえほん傑作選 8)

  • 作者: やなせ たかし
  • 出版社/メーカー: フレーベル館
  • 発売日: 1976/05
  • メディア: 単行本



アンパンマン ふわりんスマイルぬいぐるみS アンパンマン

アンパンマン ふわりんスマイルぬいぐるみS アンパンマン

  • 出版社/メーカー: セガトイズ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



nice!(50)  コメント(13) 

アンパンマンミュージアムに行ってきました [体 験]

晴れ予報だったわりに、雲がなかなか切れず鈍よりした水曜日。
アンパンマンミュージアムに行ってきました。
帰ってきたばかりでこの記事書いてるので、ちょっとおかしいと思います、何かが。
いやいつもおかしいか・・・。

一緒に、従妹と伯母、そして従妹の子供2人の5人で行ってきました。
「行って見たいけど、さすがに行きづらい」と伯母に話したら「行こう!」と言われまして^^;
なんで行きたかったのかというと、「ジャムおじさんのパン工場」のパンが美味しいらしいから(笑)
すみません、全力で色気より食い気なので。
アンパンマン世代なんですけど、どちらかというとドラえもんの方が私としては世代かも・・・。
小学校の時にはアニメ放送始まったし、図書室にはアンパンマンの絵本もあったから、あながち世代じゃないわけでもないんですよね。
ま、それは置いといて。

行ったのは横浜のミュージアムです。
2013012308.jpeg

ちょうど行ったら、「ドリーミングといっしょにうたおう!ふれあいコンサート♪」というのが始まったところでした。
2013012304.jpeg

従妹の長女(以下娘ちゃん)、アンパンマン大好きだって聞いてたから喜ぶかと思ったら、スッゴイ大人しくそしてビビッてました^^;
どうやら人が多くて怖気づいてたらしい。
2歳ちょっとだから、まだ仕方ないのかなぁ~。
長男(以下息子くん)は、丁度1度目のお昼寝タイムから起きたばかりでキョトーンとしてました(笑)
私はというと、せっかくデジカメ持ってたので一緒のフレームにアンパンマンを入れようと躍起になってました。
・・・撃沈ですがorz
あれは難しい(>_<)

2013012302.jpeg

2013012301.jpeg

ショーが終わった後は、ミュージアムの中へ。
ここは唯一入るのにお金がかかるところです。
1歳以上は一律1000円。
中の写真はデジカメなんですけど、ほとんど子供が写ってるのでごめんなさい^^;
もう本当に知らないキャラクターばかり。
でもあれです、知らなくても何とかなるのがアンパンマン(笑)
ここの施設は3階建てで、最初に3階に行ってから下に下りるタイプの順路でした。
一通り見てからお昼にしたので、それは次回。


アンパンマン ミュージアム あつまれ! ともだちいっぱいセット

アンパンマン ミュージアム あつまれ! ともだちいっぱいセット

  • 出版社/メーカー: セガトイズ
  • メディア: おもちゃ&ホビー






nice!(58)  コメント(11) 

突然、工場見学に行きたくなった [体 験]

母親がユニクロの広告を見て「390円の長袖Tシャツ欲しい!」と言い出したので、一緒に行ってきたのですが凄い混雑でした@主に390円の棚周辺
というか、ご年配の女性ばかりでした・・・。
そんでもって、皆さん広げたら畳まないまま棚に戻すからグッチャグチャ。
Tシャツしわしわになってたんですけど。
え?私は気になったけど、あの中に突撃する元気も無くヒートテック買って来ました^^;

本当に突然、工場見学に行きたくなりました。
一番近いのがキリンの工場。
キリン横浜ビアビレッジ

なーんで行きたくなったんだろうと自分でも不思議です。
親は行ったことあるんですけど、私は無いんですねここの工場。
ビール工場だから、未成年の時に行っても飲めないし^^;
今なら飲み放題ですけど!!
なーんて、私はビール飲まないんですが(苦笑)
全然ではなく、滅多に飲まないが正しいか。
父親がキリンラガービールが好きで(というか、ビールはラガーが一番美味しいとか言ってた)、私が子供の頃はラガーしか家に無かったんです。
飲めるようになっても、やはりラガー。
さすがに発泡酒や第3のビールが出てきてからは、そちらにシフトしましたけど。
ビールは苦くないと美味しくないって言う人なので、自宅のビールは苦いのです。
そんなわけで、私の中でビールは苦いものというのが刷り込まれちゃってて苦手。

かといって、昨今流行のアルコールフリーは甘い!!
グラス1杯全部飲みきれません。
出始めの頃のアルコールフリーは不味くて、今のは甘いとか・・・。
あと、缶に入ったお酒は臭い。
缶臭いって言えばよいでしょうかね。
そんな我侭の結果、だったら工場見学行って美味しいビール飲んで来ればいいじゃないが発動。
どんな理由やねんと言われそうだけど・・・。
美味しい抓みと美味しいビール、想像したらよだれが・・・



キリン 休む日のAlc.0.00%缶 350ml*24本

キリン 休む日のAlc.0.00%缶 350ml*24本

  • 出版社/メーカー: 麒麟麦酒
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



nice!(50)  コメント(6) 

原鉄道模型博物館に行ってきました [体 験]

古いお薬手帳を見てたら、3年前の処方薬が出てて最大12種類飲んでました。
正直、こんなによく飲んでたなって思います。
それでも症状悪かったんだから、どんだけ・・・。

昨日の記事の続きです。
とんかつを食べた後、原鉄道模型博物館に行ってきました。
2012090805.JPG

何でパンフレットなの?って思われるかも・・・。
だって、この博物館はオフィスビルの入ってるところにあるから、看板とか無かったのです。
それに、入場チケット買うまでの行列だったから(苦笑)
近くにカップヌードル・ミュージアムがあるから、そこに行った帰りの親子連れとかいっぱいでした。
あとは模型好きか、鉄道好きか、とにかく男性いっぱーい!

入場して直ぐに思ったのが、「どんだけ、この人鉄道好きなんだろう・・・」でした。
入って直ぐの展示車両は、原信太郎さんの自作車両。
スッゴイ細かいところまで作りこんでて、「え?これ手作り?」っていうのが正直な感想ですね。
いまでこそ、ディアゴスティーニなどで模型が簡単に作れますけど、この人は何も無いところ0の状態から作成ですから・・・。
脱帽です。

その後は、世界の車両の模型展示スペース。
世界に数台しかない車両が展示してあったりとか(しかも超!状態良かったです)、圧巻。
追っかけたり集めたりというほどの興味の無い私でも、ビックリスペースでした(苦笑)

ずーっと模型の展示を見て、最後のほうはジオラマです。
人だかりでした。
子供も大人も動かないから、私の背丈じゃ見えない^^;
辛うじて動いた人が居たので、見ることが出来ましたけど流石。
何がって走ってる電車の音が違うんですよ。
この原さん、音にまで拘ってるのでレールは実際のものと同じだそうです。
だから走ってる電車の音が、普通の模型を走らせてる音と違ってました。
なんでそれが分かったのかって言うのは、弟が一時期Nゲージにハマってたから。
あとはおもちゃ屋さんで模型の電車を走らせてるのを、よく見かけるので^^;

途中端折りましたけど、とにかくこの博物館の展示品が、ぜーーーんぶ私物っていうのが一番の驚きでしょう。
世界的にも希少価値の高い車両が沢山展示されてるので、興味がある方は是非行ってみてください。
ただただ、脱帽



原信太郎 鉄道模型のすべて―技術の極み、躍動美

原信太郎 鉄道模型のすべて―技術の極み、躍動美

  • 作者: 原 信太郎
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2008/07
  • メディア: 大型本



スーパー鉄道模型 わが生涯道楽 (講談社+α新書)

スーパー鉄道模型 わが生涯道楽 (講談社+α新書)

  • 作者: 原 信太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/10/21
  • メディア: 新書



nice!(38)  コメント(5) 

やっとネックレス完成 [体 験]

今年の七夕も、曇りでしょうか。
週間天気予報じゃ、曇り時々雨。
降水確率も50%。
うーん、これは今年もダメッぽそう・・・。

実はやっと丸やっとこをユザワヤでゲットしてきました。
2012070403.JPG

奮発して945円だったステンレス製のを購入です。
でも、折角買って帰ったのに、必要な道具が揃ってなくて別な日に手芸用接着剤を買いに行ってきました。
アイロンで接着させることの出来るタイプだったんですけど、初めてやるから・・・と思って今回は接着剤使用です。
作ったのは、右側の鍵のチャームが入ってるキット。
2012070304.JPG

左側のは、細いチェーンを切断しないといけないタイプなんですけど、作ってる途中で目がシパシパしちゃって、今回は完成を諦めました。
でもチェーンを2つに切って、丸カンで留めてネックレスになる皮を通すだけの状態まで作りました。
後日、完成させます。
で、今回は鍵チャーム付きのやつ。
2012070602.JPG

手作りっぽい、でもキット使ったよなって感じの一品(笑)
ま、折角手芸用の丸やっとこ、ニッパ、ピンセット、接着剤を買ったので(後日ペンチ買って来よう)これを機会に手作りアクセサリーって言うか、ビーズアクセとかやってみるのもいいかもしれないと思いました。






nice!(59)  コメント(11) 

馬車道まつりというのに行ってみた [体 験]

月曜日のカウンセリングの後、わざわざ横浜馬車道まで行ってきました。
11時にカウンセリングが終わって、それからJRに乗っていったんですけど、朝の寒さが嘘のように暑くて、ジャケット要らなかった。
せっかく着ていったのに。

馬車道に着いたのがお昼だったため、メチャメチャ混んでました。
うん、サラリーマンとOLで(苦笑)
しかも、「まつり」となってるのに妙にショボイ・・・。
「良いものがあったら買おうかな」と思っていたのに、結局なんにも買わずに終わりましたよ。
普通、初日ってそこそこ盛り上がるものだと思ってたんですけど、平日っていうのが悪かったんですかね。
でも土日祝日は仕事だからいけないし。
ションボリでした。

結局、何も買わず冷やかしで終わってしまったので、今度は「ガトー・ド・ヴォワイヤージュ」という窯出しシュークリームのお店を探してみました。
本店が馬車道にあるのは知ってるんですけど、行ったことが無かったので。
それから延々30分探しまくりました・・・orz
「おかしい、この道には無い」を繰り返すこと数十回。
同じ道を行ったり来たりを繰り返してやっと見つけました。
また細い道にあったんですよ・・・。
近くを何回も通ったし!って凹みましたけどね。
シュークリームを購入して、お昼も食べずに歩き回ったのでシューマイ弁当を買って帰りました。
午前中だけで7000歩って、疲れますねぇ。



nice!(31)  コメント(3) 

気がついたら4周年 [体 験]

すーーーーーーーっかり転院のことで忘れてました。
このブログ、5月22日で丸4周年でした(爆笑)
2006年5月22日から初めて4年も続けたなんて凄いよ、私。
日記ですら3日坊主なのに。
こんなに長く続いたのは、水泳と剣道と習字ぐらいです(笑)

一重に皆さんのコメントとniceのおかげです。
有難うございました。
まだまだ続けていきますので、よろしくお願いいたしますm(__)m

しかし、どうでも良いことだが折角の記念日をすっかり忘れてた自分に脱力。
記念日って忘れちゃうものなんですかねぇ・・・。
nice!(40)  コメント(20) 

たまにゴスロリを着てる人に会うんですけど [体 験]

良い悪いというのは、見る人の間性の問題なので私はとやかく言う立場ではございません。
なんでこんなところでこういう話してるかと言うと、最近、よーく見てるとロリータファッションの女の子を良く見かけるんです。
あのフリル満点で、靴は「それ歩きづらくない?」と言いたいような形の靴。
少なくてもあの靴穿いて出かけると言われてるも無理。
絶対に扱ける(自信満々)

ちなみにゴスロリとはなんぞやという方に、wikiから出展
ゴシックアンドロリータ


洋服なんてどうやって調達してるのかなぁって思ってたら専門のショップあるんですね!!
みなさん、自前で作ってるのかと思ってました。
たとへばこことか
http://closetchild.ocnk.net/

私たち80年代の人間は「ピンクハウス」なんですよねー。
あれは高かった・・・。
横浜桜木町のランドマークタワーに、ピンクハウス入ってるので興味がある方は、行ってみてください。
昔に比べて大人しくなりましたけどね~・・・。

世の中の服飾関係は、何十年前のがリバイバルで流行ることがありますが、ゴスロリとかピンハとかいずれまたブームが来るんでしょうか・・・。
nice!(14)  コメント(4) 
メッセージを送る